コンテンツへスキップ

許可を求めるな謝罪せよ。(Don't ask for permission, beg for forgiveness )

これをよく仕事中に話すのですが、ちゃんと由来について共有する機会がなかったのでココに書いておきます。私がこの言葉を最初に知ったのは、Tech LION vol.5 大忘年会((蛇足ですが、このサイトはもともとWordPressでしたが、何故か今はbash製CMSに移植されていますw))での吉岡弘隆((楽天株式会社 技術理事。またの名を「自称プロの酔っぱらい」))さんの言葉でした。ご本人はもっと前にTwitterでつぶやかれていますが。

吉岡さんご本人のブログで詳細を解説されていますので詳細は割愛しますが、もともとは3Mの社是で、これまんま普段社長が口癖のように言う「ダメだったら戻せばいい」なんですよね。

勿論やる前に不安だったらいくらでも相談に乗ります。で、大抵はゴールがあって途中の道筋がわからないだけだったりするし、そうでなくても話しているうちにゴールが明確になっていくものなので、いくらでも相談を持ちかけてくださいです。これは次の「仕組みは世界を救う。」にも繋がってきますので、そちらで。

超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」とは

超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」(以下「KUSANAGI」)は、プライム・ストラテジー株式会社が開発・構成する、WordPressを高速に動作させるための仮想マシンおよびそのイメージです。WordPressの実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストをページキャッシュ非使用で実現する世界最高速クラスのWordPress実行環境です(( 最大性能時。実行する仮想マシンインスタンスの性能やWebサイトの内容(機能、データ量など)に依存します。 ))。

はい、そういうことです。これは仕事においても同様で、何を差し置いてもスピードが再優先です。